飯田の街にも春到来

地域の話題

[ 2020年 3月 23日 月曜日 15時17分 ]

 飯田市の中心市街にある桜の名所「大宮通り桜並木」のソメイヨシノが開花し、地元の保存会が22日に開花宣言を発表した。木の変更などがあり正確な比較はできないが、暖冬の影響で平年より1週間ほど早いという。

 約700メートルの間に並ぶ約150本のうち、ラウンドアバウト南側のソメイヨシノが「5~6輪を付けた」状態になり、管理する大宮通り桜保存会が発表した。会員を中心に約20人が集まり、枝を見上げて数えた。

 会長の井上基さん(62)は「この日のために管理、準備をしてきた。南信州に春の訪れを伝えたい。(新型肺炎を踏まえ)安全、安心を確保して桜を楽しんでほしい」と話した。

 飯田のソメイヨシノの観測は1953(昭和28)年から飯田測候所が行い、馬場町の標本木を対象に開花日を調査。2006年の測候所無人化後は南信州広域連合の気象アドバイザーが担った。

 標本木を複数回変更しているものの、1981~2010年の開花の平年日は4月4日だった。広域連合が今年から調査しない方針を示したため、保存会が引き継ぎ、独自に宣言を出すことにした。

 桜並木も経路となる東京五輪・パラリンピックの聖火ランナーが走る4月3日は「5分咲き」を予想。5日に予定した桜まつりは中止するが、28日から4月12日頃まで夜桜をライトアップする。保存会は「コロナ終息後に桜まつりと同規模のイベントを開きたい」としている。

◎写真説明:開花した桜並木のソメイヨシノ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞