飯田やまびこマーチが開幕

地域の話題

[ 2018年 4月 28日 土曜日 14時12分 ]

出発するやまびこマーチ参加者

 全国のウオーキング愛好者が集い南信州を歩く「第32回飯田やまびこマーチ」(飯田市など主催)が28日、飯田中央公園を主会場に開幕した。29日までの2日間、子どもから大人まで多くの参加者が、飯田の春を味わいながら歩く。

 日本マーチングリーグ加盟大会の一つで、毎年全国から多くのウオーカーが参加。市民へのウオーキングの普及による健康増進や、子どもたちが歩くことを通して自然や社会に触れる「歩育」の推進、飯田下伊那地域への観光誘客などをねらいとして開催している。

 ことしは事前に延べ3213人が申し込んだ。また韓国の大韓ウオーキング連盟から10人が参加した。

 初日28日には40、10キロと、ウオーキングの後に出前焼肉を楽しむ「焼肉コース」、舟下り、大平、竜東、風越、PTAの各コースの出発式を中央公園で実施した。

 朝からさわやかな春の青空が広がり、主会場に集まった参加者は出発の時を心待ちに。背中に着けたゼッケンには「マイペースで」「楽しんで歩く」「お先にどうぞ」など、それぞれの目標や他の参加者に向けたメッセージを書き込んだ。

 出発式では、大会長の牧野光朗市長が参加者を歓迎し「きょうは素晴らしいウオーキング日和。飯田の人たちの人情に触れながら、素晴らしい景観を楽しんで」と激励した。

 この日はゲストウオーカーとして、飯田病院陸上部所属の競歩選手、大和千秋さんが参加。準備体操を指導したほか、市街地の史跡などを巡る風越コースを歩いた。

 同日には、公園ステージでミニコンサートを開催。飯田女子高校チアリーディングクラブとギター・マンドリンクラブ、旭ケ丘中学校合唱部が発表したほか、千代出身の演歌歌手・小沢あきこさんが新曲「飯田線」を披露した。

 29日は30、20、10、5キロとノルディック・ウオーク(5キロ)、障害者向けの「ほっとすまいるコース」(2・5キロ)、未就学児と保護者を対象とした「歩育コース」(3キロ)がスタート。

 大会期間中の問い合わせは大会本部(電話0265・21・3001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ベトナム男性、飯伊初

6月4日木曜日15:20

元善光寺も1年延期

6月4日木曜日15:49

土産品など購入し応援

6月3日水曜日15:23

「思い出に残る花壇を」

6月3日水曜日15:37

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞