飯伊各地で伝統のどんど焼き

地域の話題

[ 2015年 1月 14日 水曜日 9時54分 ]

 正月飾りなどを集めて燃やし、無病息災などを願う伝統行事「どんど焼き」が11、12の両日、飯田下伊那各地で開かれ、子どもや大人たちが多数参加し、無病息災や家内安全、商売繁盛などへの願いを込めた炎を立ち上らせた。

 地域によっておんべ、ほんやり様とも呼ぶ年頭の伝統行事。かつては7日早朝に行われることが多かったが、近年では土・日曜日など休日に行う地域が増えていて、飯伊ではこの両日に約400カ所で行われた。

 飯田市鼎の一色区は地区内の畑で行い、鼎小学校の児童、保護者、地元の住民ら約140人が参加して11日午前6時に点火した。

 前日に児童やPTAが中心となって集めて作った飾りは、商業地とあって門松やだるまの多さが目立った。真っ暗闇にともった火はしだいに勢いを増し、風にあおられて大きな炎に変わった。

 火の勢いが弱まると、参加者たちは持参した竹さおの先や網の上に餅を載せ、火加減に注意しながら焼いた。ウインナーを焼いておいしそうにほおばる子どもの姿も見られた。

 高森町下市田5区の自治会は11日朝、地区内の広場で行った。育成会が中心となり、前日に小学生が松集め、中学生と大人が飾りづくりに当たった。

 主催している自治会の役員と、未年で年男・年女の小学生が点火し約50人で炎を囲んだ。

 佐々木啓登自治会長(67)は「年頭の行事を、小中学生とともに行うことが地域の伝統。子どもたちには将来にわたり、引き継いでいってもらいたい」と願っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞