飯田下伊那各地で伝統のどんど焼き

地域の話題

[ 2015年 1月 14日 水曜日 9時54分 ]

高森どんど焼き56 正月飾りなどを集めて燃やし、無病息災などを願う伝統行事「どんど焼き」が11、12の両日、飯田下伊那各地で開かれ、子どもや大人たちが多数参加し、無病息災や家内安全、商売繁盛などへの願いを込めた炎を立ち上らせた。

 

 地域によっておんべ、ほんやり様とも呼ぶ年頭の伝統行事。かつては7日早朝に行われることが多かったが、近年では土・日曜日など休日に行う地域が増えていて、飯伊ではこの両日に約400カ所で行われた。

 

 飯田市鼎の一色区は地区内の畑で行い、鼎小学校の児童、保護者、地元の住民ら約140人が参加して11日午前6時に点火した。

 

 前日に児童やPTAが中心となって集めて作った飾りは、商業地とあって門松やだるまの多さが目立った。真っ暗闇にともった火はしだいに勢いを増し、風にあおられて大きな炎に変わった。

 

 火の勢いが弱まると、参加者たちは持参した竹さおの先や網の上に餅を載せ、火加減に注意しながら焼いた。ウインナーを焼いておいしそうにほおばる子どもの姿も見られた。

 

 高森町下市田5区の自治会は11日朝、地区内の広場で行った。育成会が中心となり、前日に小学生が松集め、中学生と大人が飾りづくりに当たった。

 

 主催している自治会の役員と、未年で年男・年女の小学生が点火し約50人で炎を囲んだ。

 

 佐々木啓登自治会長(67)は「年頭の行事を、小中学生とともに行うことが地域の伝統。子どもたちには将来にわたり、引き継いでいってもらいたい」と願っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事