飯田丘のまちフェスティバル開催

地域の話題

[ 2016年 11月 4日 金曜日 15時38分 ]

001丘のまち

 フィギュアやコスプレ、痛車、ドールといった「サブカルチャー」にグルメを加えた祭典、「第10回飯田丘のまちフェスティバル」(同実行委員会主催)が3日、りんご並木を中心とする飯田中心市街地一帯を歩行者天国にして開催された。10周年にふさわしく、市街地には例年以上に多くの人が訪れ、多彩なプログラムを楽しんだ。

 今回は、10周年記念事業として、フェスティバルキャラクター「ナミキちゃん」の公式ソングを、一般から歌詞を募集する形で制作。作曲は作曲・編曲家の森慎太郎さんが担当し、アニメ監督で丘フェスCM製作者の森井ケンシロウさんが監修、アニメプロデューサーの竹内宏彰さんがプロデュースを手掛けた。

 完成した公式ソングは「おいでよ!LOVE★飯田パラダイス」。この日、同フェスティバルPR大使で声優の高木美佑さんがライブを行い初披露。約200人の聴衆を沸かせた。また、全62通の応募の中から作詞が採用された、飯田市丸山町の竹下玲実さん(37)もステージに上り、「思い通りのメロディーをあてていただきうれしかった。自分の詞が採用されるなんて信じられない。泣いてしまいそう」と喜びを語った。

 この他、フィギュアが大集合する「インターナショナル・フィギュア・マーケット」、県内の酒蔵が集合する「南信州酒メッセ」など定番企画や、3年に一度の「しんきん物産展」と重なり、規模を拡大して行われた「グルメサミット」には長蛇の列が。また、「高校生文化フェスティバル」や「コーヒーフェスティバル」、「ハーレー展示」、長野県タクシー協会飯田下伊那支部との共催で実施した「ナミキちゃん痛(いた)タク(痛車+タクシー)」など新たな企画も好評を博し、祭典の盛り上げに一役買っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ドーム菊で天龍峡を彩る

10月31日土曜日14:16

動きやセリフをプログラム

10月31日土曜日14:29

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞