飯田中央保育園児が年賀状初差出式で投函

地域の話題

[ 2015年 12月 16日 水曜日 9時02分 ]

 飯田市鈴加町の飯田郵便局(高橋和弘局長)で15日、2016年用年賀状の初差出式が開かれた。式には、飯田中央保育園(飯田市中央通り)の年長園児ら36人が参加。保護者らが見守る中、家族らに宛てて書いた、来年のえとであるサルの絵などを添えた年賀状を、一人一人専用ポストに投かんした。

 この日は、園児による歌の披露や配達社員への花束の贈呈も行われ、寒い中での仕事に臨む社員らに「頑張って」と温かなエールが送られた。また、県観光PRキャラクターの「アルクマ」も園児の投かんを見守るなど、式に花を添えた。

 飯田郵便局では、「年の初めを楽しい気分にさせてくれる年賀状を、より多くお届けすることができれば。元旦の配達には、25日までに投かんをお願いします」と呼び掛けている。同局によると、飯田下伊那地域で約350万枚の販売を見込んでいるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio