飯田交通少年団が高齢者個別訪問で啓発

地域の話題

[ 2011年 8月 23日 火曜日 9時29分 ]

 飯田市立丸山、浜井場、追手町、座光寺小学校の4―6年生でつくる飯田交通少年団(池場高男団長)は20日、同市橋北地区内の高齢者宅を個別訪問し、交通安全意識の高揚を図る啓発活動を行った。団員ら22人が参加。5人ほどのグループに分かれて高齢者宅を訪ね、夜光反射材など啓発物品を手渡しながら、「交通事故に気を付けてください」などと、笑顔で呼び掛けた。

 市内の高齢化が進むなか、高齢者が当事者となる事故の割合が多くなっていることを受け、事故防止対策の一環として、高齢者宅の戸別訪問を実施。飯田署で開かれた出発式で、団員らは、春日利巳署長から「みんなの活動で高齢者の事故が減少するかもしれない。社会に貢献する活動として誇りを持って取り組んでもらいたい」と、池場団長から「おじいさん、おばあさんが事故にあわないよう、しっかりと声を掛けて」と激励を受けた。

 各グループに分かれた団員らは、同署周辺の高齢者宅を5、6軒ずつ訪問。「最近道路で怖いと思ったことはありますか?」「夜光反射材は使っていますか?」など、アンケートを取りながら交通安全意識の高揚を促した。訪問を受けた高齢者らは「ありがとう、気をつけます」と、子どもたちの純粋な呼び掛けに、笑顔で応えていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞