飯田動物園でどうぶつ総選挙初開催

地域の話題

[ 2019年 1月 11日 金曜日 15時28分 ]

 飯田市立動物園は昨年11月から12月にかけ、「動物園の新たなスターを来園者に決めてもらおう」と、人気投票「どうぶつ総選挙」を初めて開催した。

 約50種、200個体が飼育される中から、8人の飼育員がそれぞれ一押しの動物を推薦。約730票が投じられた結果、フンボルトペンギンの「晴(はる)ちゃん」が230票でトップに輝いた。「晴ちゃん」には「名誉園長」の称号が贈られ、今年1年間、さまざまな場面で園のPRに登場する。

 数多く飼育される動物の中、各個体への関心を高めてもらいたいと企画。実施時期が比較的来園者数が少ない時期となったことで、どこまで投票数があるか不安もあったというが、予想を上回る投票が寄せられ、同園では協力に感謝している。

 今回は、アメリカビーバーの「ガジコ」、パルマワラビーの「オランジェット」、クサガメの「かめお」、ヒツジ(コリデール種)の「くるみ」、フンボルトペンギン「晴ちゃん」、ニホンザルの「おこめまる」、チュウサギ(個体名なし)、アオボウシインコ「チョロ」が出馬した。

 各担当飼育員が「選挙ポスター」を制作し、その生態や魅力をPRした。「晴ちゃん」の1位は「ほぼ予想通り」となったものの、予想を上回る人気を集めたのが2位(120票)に入ったクサガメの「かめお」。普段は地味な存在なだけに、飼育員らの驚きも大きかった。

 3位はアメリカビーバーの「ガジコ」で92票、4位はアオボウシインコの「チョロ」で73票、5位はニホンザルの「おこめまる」で69票と続いた。

 同園では、今後も総選挙を継続開催していく計画で、来園者数の多い時期に開催し、さらに盛り上がることを期待する。

◎写真説明:表彰式ではペンギンの特別ガイドも

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞