飯田動物園に新しい「新幹線」登場

地域の話題

[ 2014年 3月 5日 水曜日 10時11分 ]

 飯田市立動物園にこのほど、「新幹線」の新しい固定乗り物遊具が導入され、さっそく子どもたちを楽しませている。同園に新たな遊具が導入されたのは1995年以来という。

 従来あった「新幹線」の遊具が大幅にリニューアルされた。これまでのモデルは単純に揺れるだけの乗り物だったが、今回導入されたモデルは運転席に液晶画面が設置され、さまざまな景色が映し出される。外観は白を基調に青のラインが入るN700系新幹線となっている。

 同園の長良健次園長は「久しぶりに新しい遊具を導入することができた。液晶画面に映し出される映像を見ながら、自分で運転しているかのような臨場感を楽しんでもらえれば」と話すとともに、「遊具の大部分は昭和60年代に導入したものばかり。今後も徐々に更新していくことができれば」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞