飯田動物園 入園者数が過去最高の13万3000人

地域の話題

[ 2015年 4月 17日 金曜日 13時17分 ]

 飯田市立動物園(長良健次園長)は14日、2014度の入園者数が過去最高を更新する13万2969人に達したと発表した。これまで最も多かったのは開園翌年、1954年度の13万839人。61年ぶりの記録更新となった。

 1989年度ごろまでは10万人前後の入園者数があった動物園。以降、減少傾向が続き、93年には3万6885人まで落ち込み、その後は6~7万人で推移した。

 2011年12月からスタートした大規模改修工事により、12年4月にイベント広場・ふれあい広場がリニューアルオープン。同年8月にフンボルトペンギン、10月にアンデスコンドルの獣舎が、野生動物が暮らす生息環境を再現することで、動物本来の行動を発揮させようという「生息環境展示」として装いを新たにすると、一気に入園者数が増加し、12年度は1989年度以来24年ぶりに10万人を突破した。

 13年度は豆汽車弁慶4世号を導入した他、シカ、カモシカ舎をリニューアル。14年度はタヌキ、イノシシ舎が新しくなるなど、改修が進むにつれ入園者数も増加。合わせて、動物とのふれあいやナイトズーなど各種イベントの充実も図られ、多くの人を引きつけた。また、バスツアー客の増加も記録更新に一役買っている。中京圏などからのツアーの中に動物園が組み込まれるケースが増えており、14年度は約7800人が訪れたという。

 同園では本年度も多彩なイベントを企画しており、25日から5月6日には、こいのぼり作りや動物色塗り遊び、ステージショーなどを行う「春の動物園まつり」を開催。5月16、17日は毎年恒例の写生大会を実施する。長良園長は「引き続き多くの方にご来園いただけるよう、より一層楽しめる動物園を目指していく」話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞