飯田商議所がりんご並木写生大会

地域の話題

[ 2013年 9月 30日 月曜日 9時06分 ]

 飯田商工会議所は28日、りんご並木60周年「地域に貢献プロジェクト」として、「りんご並木写生大会」を開いた。並木周辺には朝から多くの親子連れが足を運び、お気に入りの場所に陣取ると、真剣な表情でリンゴの木などを見つめ、画用紙に筆を走らせていった。

 幼児、小中学生、一般の3部門で行う同大会。りんご並木が入っていれば構図は自由。作品は後日審査が行われ、優秀作品には、りんご並木大賞、飯田商工会議所会頭賞、飯田東中学校校長賞などの各賞が贈られる。

 この日は天候にも恵まれ、歩行者天国となった並木には多くの人出。大きな画用紙を手に、並木をさまざまな角度から眺める子、勢い良く描き進める子などの姿が見られた。

 参加した姉弟は、「絵を描くのも、りんご並木も好き」と笑顔で声をそろえ、姉は「リンゴを大きく描きたい」と意気込んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)