飯田商議所がリニアカレンダー発売

地域の話題

[ 2011年 11月 25日 金曜日 9時08分 ]

 飯田商工会議所(柴田忠昭会頭)は、リニア新幹線飯田駅設置に向け、市民募金への意識向上を狙うカレンダーを作成した。JR東海が開通を予定する2027年までのカレンダーをすべて掲載しており、25日から販売を開始する。

 カレンダーはA1判フルカラーで1000部作成。車両のイメージ写真を上段に大きく載せ「いま、南信州の夜明け」「輝く未来へ リニアと共に時代を生きる」のキャッチコピーや、飯田から名古屋まで40分、岐阜まで10分、品川まで40分とされる各駅までの所要予定時間も記した。

 下段には2012年から27年までの開通が予定される16年間、192カ月のカレンダーを掲載。日を追うごとに開通実現までの日数を確認できるようになっている。

 きょう25日から販売を開始し、1枚500円。うち100円を駅設置に向けた市民募金に充当する。販売は飯田商議所窓口でのみ行う。同商議所では「開通目標に向かって、みんなでがんばりたいという思いで作成した。一緒に応援しながら、リニアの進ちょく状況と共に人生を歩んでもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞