飯田商議所が接客講習会開く

地域の話題

[ 2010年 10月 16日 土曜日 8時26分 ]

 飯田商工会議所中小企業相談所(佐々木信高所長)は10月からの3カ月間にわたり展開されている信州デスティネーションキャンペーンの関連事業として、おもてなしの心を養う接客講習会を14日、飯田市上郷別府の地場産業センターで開いた。講師に旅館のサービスオペレーションの構築、社員教育に携わるオフィス・ヴァルト代表福島規子さん(36)を迎え、気配りがサービスに変わるまでの行動や工夫を学んだ。

 全国のJR6社と県内観光関係者や市町村などが連携を図って実施している同キャンペーンを踏まえ、同商議所は訪れる観光客に対する接客応対、サービスの向上が重要ととらえて講習会を企画。テレビドラマでの接客演技指導も行うなど対人サービス研究専門家の福島さんの話に、参加した約90人が注意深く耳を傾けた。

 福島さんは客に水を出す行為を例に「人はモノと人的サービスによって満足する」としたうえで、「サービスは生産とともに消費されるもの。正しくサービスを生産しないと正しく消費されない。お客さまを満足させたければ正確に迅速に提供すること。悪いサービスだけが記憶に残る」とサービスのあり方を示した。

 また困っている人を助ける「援助行動」に対し、困ってない人を喜ばせる「配慮行動」が「気配り」であり、リピーター化すると指摘。「一人ひとりがいろんなことを考えてマニュアル化していくとサービスは標準化され、そのサービスのレベルも上がる。これが土壌化するれば、次の、また次のレベルに上げようという配慮行動が生まれる。高次なサービスは自分たちで作る」と、高いレベルで標準化されたサービスの重要性、有効性を強調した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞