飯田商議所に大名行列人形を寄贈

地域の話題

[ 2017年 3月 23日 木曜日 16時39分 ]

002ningyo

 飯田市鼎西鼎の伊藤節子さん(79)が22日、7年ごとに飯田市の中心市街地で行われる飯田お練りまつりの主要出し物、「大名行列」の様子を再現した木製人形を飯田商工会議所に寄贈した。1999年に61歳で亡くなった夫の公二さんが制作したもので、高さ5センチほどの15体の人形が行列(長さ約55センチ)を組む。繊細に描かれた人形一体一体の表情や衣装、槍やかごなどの華やかな道具が、勇壮な行列の姿を伝える。

 阿南町新野に伝わる国の選択無形民俗文化財「新野の雪まつり」を題材とした絵を描き東京の展覧会に出品を続けるなど、創作活動を通じた伝統芸能の発信にも力を注いだ公二さん。今回寄贈された人形も、江戸時代の参勤交代に使われた道具や所作を受け継ぐ、格式高い大名行列を広く伝えようと手づくり。かつては販売もされていたという。

 公二さんが亡くなり18年余りが経過し、自宅に保管する同人形の数も少なくなってきたことから、節子さんは「より多くの人に見てもらい、こんな人形があるんだと知ってもらえたらうれしい」と、公的な機関への寄贈を検討。市役所などを通じて、お練りまつり開催時に発足される奉賛会の事務局を担う、飯田商議所への寄贈が決まった。

 この日飯田商議所を訪れた節子さんは、「顔の表情をはじめ衣装や道具まで細かく描かれている。ここまで手の込んだものはもう作れないのでは。ぜひ多くの人に見ていただきたい」と力を込め、受けとった柴田忠昭会頭は、「大変貴重なものを初めて拝見させていただいた。いろいろな人に見ていただく機会をつくり、作者の思いも伝えていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15