飯田市で夜光雲とみられる雲を観測

地域の話題

[ 2017年 1月 25日 水曜日 15時10分 ]

003yoruhikaru 飯田市で24日午後6時ごろ、夜光雲とみられる雲が観測された。写真は上久堅の会社員、橋爪秀昭さん(42)が同市駄科の鈴岡城址公園から撮影。同日午後4時44分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケットによるものとみられる。

 夜光雲は、日の出前や日没後に、高さ80―90キロの上空で、氷の結晶が太陽の光に散乱し、雲が光っているように見える現象。夏に北極や南極など高緯度地域で見られることがあるが、国内ではあまり観測された例がないという。

 橋爪さんが撮影した夜光雲は、関東以西の太平洋側の幅広い地域で観測情報があった、H2Aロケットが排気した水蒸気が氷になってできたものとみられる。

 天文学に詳しい知人から、「観測できるかもしれない」との話を聞き、あわててカメラを構えたという橋爪さん。「あまり雲がない晴れわたった夕方に、白い雲が漂って見える幻想的で不思議な景色だった」と話していた。 (写真=橋爪秀昭さん提供)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞