飯田市で夜光雲とみられる雲を観測

地域の話題

[ 2017年 1月 25日 水曜日 15時10分 ]

003yoruhikaru

飯田市で24日午後6時ごろ、夜光雲とみられる雲が観測された。写真は上久堅の会社員、橋爪秀昭さん(42)が同市駄科の鈴岡城址公園から撮影。同日午後4時44分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケットによるものとみられる。

 

夜光雲は、日の出前や日没後に、高さ80―90キロの上空で、氷の結晶が太陽の光に散乱し、雲が光っているように見える現象。夏に北極や南極など高緯度地域で見られることがあるが、国内ではあまり観測された例がないという。

 

橋爪さんが撮影した夜光雲は、関東以西の太平洋側の幅広い地域で観測情報があった、H2Aロケットが排気した水蒸気が氷になってできたものとみられる。

 

天文学に詳しい知人から、「観測できるかもしれない」との話を聞き、あわててカメラを構えたという橋爪さん。「あまり雲がない晴れわたった夕方に、白い雲が漂って見える幻想的で不思議な景色だった」と話していた。

(写真=橋爪秀昭さん提供)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号