飯田市の消防出初め式開く

地域の話題

[ 2017年 1月 10日 火曜日 16時09分 ]

003飯田市出初め式

 飯田市の消防出初め式が9日、高羽町の飯田文化会館で開かれた。団員約900人や飯田広域消防本部、地域の各防災組織の関係者らが出席。市中パレードも行い、団員らは隊列を組んで力強く進み、ことし一年の防災に向ける決意を示した。

 式典で牧野光朗市長は、「安心安全に暮らせるまちづくりは市政の根幹」と強調。災害に強いまちづくりに向けた第11次消防力(消防団)整備計画(2016年度~20年度)に触れて「消防力を一層充実させる。地域の防災リーダーとして一層の活躍を」と期待を語った。

 飯田広域消防本部の関島弘文消防長は「災害から住民の生命、財産を守るため、将来を見据えた地域消防力の向上に努めたい」、宮下和博団長は、女性部と機動救助隊を新設した前年を振り返りつつ「今後も団の伝統精神を大切にして地域の要請に応えるとともに、地域づくりにも貢献したい」と決意を述べた。

 市中パレードは飯田東中学校前を出発し、東和町、JR飯田駅前、中央通り、銀座を通過。中央通りには多くの人が集まり、まといや分団旗を手に行進する団員や、飾り付けた消防車両に拍手と歓声を送った。

 第2会場の通り町1・2丁目交差点では、1年の無火災と無災害を願う木やりとまとい振り、ラッパ吹奏、はしご車を使ったセレモニーなどがあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞