飯田市制80周年を盛り上げ アマチュア無線 交信が3500局超える

地域の話題

[ 2017年 10月 27日 金曜日 16時59分 ]

市80周年記念交信証(左)と海外から届いた交信証

 6月から運用を開始した飯田市制施行80周年記念アマチュア無線局がこのほど、交信局数3500局を超えた。北海道から九州まで全国各地はもちろん、20以上の海外局とも交信。市民の力で市制80周年を盛り上げている。

 市制80周年の機会に無線を通じて全国に飯田市を発信しようと、市内のアマチュア無線クラブに所属する20人ほどで実行委員会(田中義訓実行委員長)を結成。ムトス飯田まちづくり事業の助成を受け、6月4日から来年2月28日までコールサイン「8N0IIDA」の記念局を運営している。

 運用開始以降、市内イベント会場や会員個人で月20回ほど開局。南アルプスや杵原学校の桜、下栗の里、天龍峡など市を代表する風景を描いた市制80周年記念の交信証を作成し、交信した局に送付している。

 10月17日現在で3579局と交信し交信証を送付した。国際的な無線局検索サイト「QRZ. COM」にも登録し、米カリフォルニアやハワイ、韓国、台湾、マレーシア、ロシアなど海外局とも交信した。

 田中実行委員長(70)は「市民有志の取り組みで国内外から反響をもらっている。残りの期間中も頑張って6000~7000局まで広げたい」と意気込んでいる。

 イベント会場では今後、11月11~12日の伊賀良地区文化祭で記念局を開設する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞