飯田市街地でどんど焼きを実施

地域の話題

[ 2020年 1月 6日 月曜日 15時34分 ]

 飯田市中心市街地の諏訪町、東新町、鈴加東新の合同による「どんど焼き」が5日、小伝馬町の風越公園であった。親子らが参加し、無病息災を願ってやぐらを燃やした。

 同地区の小学校PTAが主催した。早朝に集まった子どもたちは高さ5メートルの竹をやぐらの中心に据えるなどして組み上げ、町内を回って集めた松飾りやだるま、しめ縄なども積み上げた。

 午前10時に4人の自治会長が点火。一気に燃え上がる炎に子どもたちは歓声を上げ、竹の節が抜ける破裂音が時折響くと「すごい音」と大喜びだった。

 やぐらは数分で焼け落ち、残り火を使って餅を焼いたり、棒の先に挟んだ菓子をあぶったりして味わう姿も見られた。参加した男性(76)は「少子化が進むが、地域の伝統行事として今後も続けていけたら」と話していた。

 風越公園では他にもやぐらが組まれ、多くの住民でにぎわった。

◎写真説明:点火し燃え上がるやぐら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞