飯田市街地で夜の街オリエンテーリング

地域の話題

[ 2013年 5月 18日 土曜日 9時48分 ]

 街のにぎわいは「まず宣伝!」から―。ことしで10年目、第15回を迎えた「いいだ夜の街オリエンテーリング」が16日夜、飯田市の中心市街地であった。

 1日の仕事を終えた参加者1100人が1グループ4人までのグループに分かれて午後7時に中央公園をスタート。受付でチケット(3500円)と引き換えに渡されたコース表で指定された4つの店を回り、飲食を楽しみながら交流を深めた。午後9時までに中央公園にゴールした約7割の人には抽選で、参加店で使える「飲食券」が進呈された。

 飯田民主商工会(海老沼由裕会長)の経営金融対策委員会が中心になり実行委員会をつくって2003年から行っている。当初は150人、20店舗程度の規模だったが、参加者には「新しいお店を発見したり、友だちができる」、参加店には「いろいろ刺激を受け、営業を見直す機会になる」と双方に好評で10年間でここまで発展している。

 このイベントに興味を持った長野駅前商店会の若手メンバー9人と理事長ら3人もはるばる参加した。同駅前の飲食店グループ経営者(43)は「すごいイベント。今日は飯田を盛り上げるために来た。前回も参加して楽しかった。回遊するシステムが決まっているのが面白い。うちも若手メンバーを中心にまとまりがあり、いろいろな取り組みをしている」と話していた。

 参加店のうち、江戸町4のパーネドーロの経営者(32)は「宣伝目的で初めて参加した。感触的にはまあまあ。広告だとお金だけかかるが、このイベントはお客さんが実際に来てくれるので赤字になっても問題ない。リピーターになってくれるかわからないが、気に入ってくれた感じ」と語った。

 実行委員を務める座光寺の男性(54)は「行ったことのない店へ紹介なしで入れる。気楽に新しい店を探せるのが楽しみ」、事務局の男性は「経済が厳しく店の入れ替わりが激しい中で、前回並みの参加者と参加店を維持するのは大変。参加店には大出血サービスしてもらい、営業の刺激になれば。抽選会も大にぎわいで大興奮に包まれた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞