飯田市農業振興センターが今年度本部会議開く

地域の話題

[ 2010年 5月 27日 木曜日 11時15分 ]

 飯田市農業振興センター(会長・牧野光朗市長)は25日、今年度の本部会議を鼎東鼎のJAみなみ信州営農部会議室で開いた。昨年度は、関係機関と協力し農地再生活用支援事業、農産物販売拡大支援事業、地域営農支援事業、担い手育成総合支援、耕作放棄地対策に取り組んだ。

 特に10月1日付で農業振興センターが耕作放棄地対策協議会として県に承認され、耕作放棄地の再生利用の取り組みを開始。農地バンクを開設し、相談窓口を明確化して、農地を貸したい、借りたいなどの情報を1カ所に集めつなぐことにより、農地の貸し借りの実現を進め、農地の効率的な利用を促進し、耕作放棄地の増加を防止する取り組みを実施した。

 詳細調査によると、耕作放棄地は532・8ヘクタール、非農地は150・8ヘクタールに上る。また、農地バンクの実績は▽貸したい・売りたい 10件192アール▽貸し借り成立 3件23アール―だった。

 今年度は特にりんごの新わい化などの果樹園のリース事業の実施主体をはじめ、その仕組みづくりについて検討していく。また、農地バンクを通じて、担い手への農地の利用集積・面的集積対策や遊休農地対策を推進し、農用地の有効活用を推進する方針だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞