飯田市1356人の新成人が誕生、20地区16会場で門出祝う

地域の話題

[ 2010年 1月 13日 水曜日 15時15分 ]

 11日の成人の日に合わせ、飯田市は10日、地区単位となる20地区16会場で一斉に記念式典を開き門出を祝った。あでやかな振り袖に身を包んだ女性や羽織はかま、スーツ姿の男性らは笑顔で再会を喜び、社会人としての船出をきった。

 1989(昭和64、平成元)年生まれを対象に、全国で前年比6万人減となる約127万人が該当。市内は男性654人、女性702人の計1356人(前年比102人減)が成人として新たなスタートを切った。

 各地区ごとの成人代表者などが実行委員を務めて特色ある式典を企画運営。このうち座光寺、上郷地区の合同式典は同市宮の前のグランビューオオミヤで開き、該当する225人のうちの約170人が出席した。

 主催者代表あいさつで、座光寺公民館の小島稔館長は「きょうから各人、独立した社会人として

スタートを切る。人間の生きる値打ちをしっかり考えてもらいたい」と激励。成人代表あいさつで原慎一君=上郷=は政権交代やリーマンショックからの大不況について触れながら「経済、高齢化などを将来の問題と重く受け止め、自覚を持って社会に貢献していきたい」と思いを語り、「大人としての責任を果たす上で、選挙に積極的に参加していきたい」と述べた。

 また飯田観光ホテルよし乃亭で開いた下久堅地区の式典では牧野光朗飯田市長が祝辞を述べ、「社会人、学生として活躍するなかで、将来はふるさとに戻り、地域を担ってもらいたい」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49