飯田線検定に22人 人気の秘境駅試験も

地域の話題

[ 2011年 10月 20日 木曜日 15時34分 ]

秘境検定 JR東海飯田支店が独自の問題を出題して受検者の知識を試す恒例企画「飯田線検定」がこのほど、飯田市役所であった。ことしはブームとなっている秘境駅に関する検定も加わり、全4コースで実施。全国から集まった22人が参加し、認定証の取得を目指して難問に挑んだ。

 

 今回は飯田線検定の初級、中級、上級3コースと、新設した「秘境六駅検定」で行い、初級と秘境駅には選択式の問題を、中級、上級には穴埋めと記述問題を課した。

 

 参加者たちは50分の制限時間で50問に挑戦。「小和田駅はどこの市町村にありますか」「飯田線の駅の数はいくつありますか」「この写真の駅は何駅ですか」など、飯田線や秘境駅にまつわる歴史や車両、沿線の文化や自然などについての問いに頭を悩ませながら回答した。

 

 全線開通70周年を記念して初開催した2007年から、毎年開いている。

 

 受検者たちを悩ませる問題は、飯田支店の社員たちが研究を重ねて作成している。

 

 長大なローカル鉄道として知られる飯田線は愛好家からの人気が高く、毎年、全国から多数のファンが足を運んで難問に挑戦している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号