飯田花卉組合が品評会開く

地域の話題

[ 2010年 10月 25日 月曜日 11時58分 ]

 飯田花卉組合(田中彦市組合長、63人)は22日、飯田下伊那地方で生産された切花・鉢物を審査する品評会を開いた。出品された162点から17点が選出、賞を受けた。

 農家の栽培技術向上と産地のさらなる発展を目的に毎年開催し、33回目。今回は組合に所属する農家63戸から、カーネーション92点、バラ28点、花木19点と、シクラメンなどの鉢花18点、その他の切花5点が出品された。審査後には出品物の予約販売やフラワーアレンジの実演・即売、下伊那農業高校の生徒が育てた花の展示も行われ、会場は一般客でにぎわった。

 品評会では下伊那農業改良普及センター所長を審査長に9人が審査。色合いやボリューム、形質のそろい具合、茎の硬さ、市場性、病害虫の有無などを基準にしながら、慎重にチェックを行っていた。

 飯伊には、流行の色合いのものや新しい品種に積極的に取り組む農家が多いという。田中組合長は「猛暑の影響でボリュームは落ちたが、ここにきて気温が下がり本来の鮮明な色合いが出た。各農家が努力し、ベストを尽くした結果が出たと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞