飯田青年会議所が維新塾を開講

地域の話題

[ 2012年 2月 25日 土曜日 8時28分 ]

 飯田青年会議所(本田達史理事長)は3月から、リニア中央新幹線の開通を見据えた戦略的企業経営とまちづくりを学ぶ「ふるさと維新塾」を開講する。前半4回は企業経営者から国会議員までを講師に迎え、「共に学び合いながらこれからの故郷を考える」として塾生の募集を開始した。

 特別委員会の熊谷弘委員長が塾長を務める。リニア将来ビジョンや三遠南信地域連携ビジョンへの取り組みが始まる中で「主人公は市民であり、責任世代である我々若者がリーダー」と位置付ける熊谷さん。「市民、行政、企業までがその責任や能力を発揮し、英知を出し合いながら協働して道を切り開いていくことが不可欠」と開講の意義を語った。

 同塾は講義を中心に11月まで、毎月1回の全9回を予定。初回は3月26日で開塾式に引き続き、綿半ホールディングスの野原莞爾社長を講師に迎える。その後は若林健太参議院議員、倫理研究所法人スーパーバイザーでアスク(長野市)社長の小山秀一さん、多摩川精機社長の萩本範文さんと第4講まで決定している。

 未定の後半(7月以降)講義について熊谷さんは「講師をはじめ、フォーラムやシンポジウムなどまとめとしての最終回も含め、検討している段階」としている。入会対象は飯田下伊那14市町村の若者(20~35歳前後)で企業経営者・幹部や公務員、郡市民。定員は40人で会費1万円(全9回)。会場は同市錦町のシルクホテル。本田会長は「飯田下伊那を担うという志を持つ同志を募り、共に学び成長し合いたい」と参加を呼び掛けている。申し込みなどの問い合わせは事務局(電話0265・23・7875)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14