飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

地域の話題

[ 2018年 10月 16日 火曜日 15時27分 ]

真っ赤なリンゴ色の飯田駅

 6月から進められていたJR飯田線飯田駅の塗り替え工事の完了が近付き、「リンゴ」をイメージした赤色の屋根が蘇(よみがえ)り、新鮮な姿を見せている。

 飯田駅は旧伊那電気鉄道の伊那大島―飯田駅間が開業した94年前の1923(大正12)年に開設。現在の駅舎は1992(平成4)年に改築された建物で、飯田市の中心市街地のシンボル「りんご並木」のリンゴをイメージして赤色を基調にしている。

 初めての塗り替え作業は経年劣化を受けたもので、6月に着工。これまで足場やシートなどで覆われて姿が見えなくなっていたが、11月に予定する完工時期が迫り、鮮やかに蘇えった赤色の屋根がお目見えした。

 大坂勝典駅長は「リンゴ色が復活して飯田駅周辺が活性することを期待し、気持ちを新たに精いっぱいのおもてなしをしたい」と強調。「大勢に飯田駅を利用いただき、飯田線の魅力を感じ取ってもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞