首都圏のシェフが南信州の産地視察

地域の話題

[ 2012年 8月 30日 木曜日 15時08分 ]

 南信州広域連合と日本野菜ソムリエ協会は28、29の両日、首都圏の同協会認定レストランからシェフ6人らを招き、南信州の産地視察を行った。28日には売木村のつみ草料理を味わい、阿南町和合の鈴ケ沢ナスなどの畑を視察した。9月29日には南信州の食材を使ったレストランイベントも行う予定だ。

 同協会は野菜ソムリエの認定だけでなく、自治体パートナー制度を設け登録した自治体の野菜や果物を発信する活動を展開。レストランへの認定制度もあり、こだわりの食材に関する情報も提供している。

 南信州広域連合は2010年8月に同制度に登録。南信州産の食材は同協会が主催するソムリエサミットなどへも出品されており、高い評価を受けてきた。

 訪れた一行はまず売木村ふるさと館のつみ草食堂で昼食。コスモスの花の天ぷらやアケビの皮のみそ和えなどNPO法人つみ草の里うるぎが手がける山野草料理を味わった。

 続いて、和合鈴ケ沢のほ場へ移動し、伝統野菜の鈴ケ沢ナスや鈴ケ沢ウリの栽培方法や食材としての特徴などを生産者から聞いた。この日は飯田市でハナビラタケも視察。翌日はサラダかぶ、トマト、サンつがる、幸水、ナガノパープル、ガブリエルの6つの食材をめぐった。

 同協会の一人は「南信州の食材は評価が高く、以前からPRしたかった。認定レストランのシェフによる産地視察は貴重な機会。南信州の産品を利用してもらうきっかけになれば」と期待する。

 視察に参加した東京都港区のレストランのシェフは、9月29日に南信州の食材をテーマにしたレストランイベントを開催する予定。「南信州は思った以上に広い。今回の産地視察で知った食材をうまく活用したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52