高森で県茶の共進会官能審査

地域の話題

[ 2014年 7月 16日 水曜日 9時24分 ]

 県内で生産される茶の品質向上と振興を図ることを目的とした「第41回長野県茶の共進会」(県茶振興協議会主催)が15日、高森町下市田の県南信農業試験場であった。飯田市南信濃、天龍村、阿南町、南木曽町の生産農家・加工団体から出品された27点(うち下伊那20点、木曽7点)について審査を行った。

 昨年は凍霜害の影響で出品が例年より少なく、前年(34点)を8点下回る26点にとどまったが、ことしは1点増加した。

 審査は、出品茶1点について100グラムを採取し、審査員(審査長・牛山智彦同試験場長、8人)が官能審査により品質鑑定した。審査は外観(30点)香気(70点)水色(30点)滋味(70点)の順に行い、審査採点基準の数値を最高点として比較減点した。荒茶、仕上茶とも普通煎茶でそれぞれ合計200点満点で採点。仕上茶は参考とした。

 審査員を務めた元静岡県茶業試験場富士分場長でNPO法人日本食茶の会副理事長、NPO法人日本茶インストラクター協会の日本茶検定委員を務める男性は「凍霜害の影響が出た昨年に比べるとよかった。色も形も整っている。一般にことしのお茶は香気が少ないと言われているが、上中位のものが割合多く出品されており、欠点のあるお茶が少ない」と感想を語った。茶の品種は、ほとんどがヤブキタという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01