高森に“タイガーマスク”、現金10万円「子供育成のために」

地域の話題

[ 2011年 1月 13日 木曜日 15時29分 ]

 高森町役場に12日、タイガーマスクと名乗る男性から現金10万円が届いた。

 町によると、午前10時前、1階正面にある窓口の女性職員が庁舎を訪れた男性から青い封筒を受け取った。男性は一言も発せず立ち去り、宮内さんが封筒を確認すると表面に「タイガーマスク」の文字。上司らに報告し、すぐに男性を追ったが見失った。

 封筒には1万円札10枚が入っていた。封筒の表には「子供育成のために使ってください 今しやわせ者です 町のタイガーマスクより」と書いてあった。

 男性は白いマスクをかけていた。宮内さんの話だと、年輩で小柄。宮内さんは「高森町にこんなすてきな方がいるなんて」と驚いた様子だった。

 町は子どものために大切に使いたいとしている。

 漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人などを名乗った匿名のプレゼントが全国で相次ぎ、県内でも長野市、松本市、上田市でランドセルが届いている。飯田下伊那では初めて。

  

関連の注目記事

powered by weblio