高森町、「富寿神宝」見つかる 富本銭に続き2枚目の古代貨幣

地域の話題

[ 2019年 3月 15日 金曜日 16時45分 ]

 高森町教育委員会は14日、下市田の新井原遺跡で銅銭「富寿神宝(ふじゅしんぽう)」が見つかったと発表した。日本で6番目に古い貨幣で、町教委によると、南信では飯田市に続いて2枚目で、県内では16枚目の発見。

 個人住宅の建築に向けた昨年10月の試掘調査で、深さ60センチほどの溝跡から見つかった。直径は2・3センチ、重さは3グラムほど。表面に刻まれた「富寿神宝」の文字がはっきり読めるなど、保存状態は比較的良いという。

 富寿神宝は飛鳥―平安時代に鋳造された「皇朝十二銭」の一つで、日本最古の貨幣「富本銭」が鋳造されてから135年が経った818(弘仁9)年から数年間つくられた。

 町では富本銭に続く2枚目の古代貨幣となる。出土現場は、富本銭が見つかった場所から250メートルほど離れている。

 町歴史民俗資料館「時の駅」によると、富寿神宝は街道沿いの主要な集落から出ることが多く「役人の居住区だったのでは」とみた。

 町教委は来月から同資料館で速報展を開催する予定。

◎写真説明:高森町で見つかった「富寿神宝」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞