高森町でフクジュソウ開花始まる

地域の話題

[ 2017年 1月 13日 金曜日 15時38分 ]

001fukujusou

 高森町下市田の山田博章さん(83)方の雪解けが進む裏庭の斜面で、フクジュソウが開き始めた。日ごとに開花が進み、青空が広がった12日は黄金色の花びらが穏やかな日差しを浴びて輝いていた。

 フクジュソウは日当たりの良い南向きの斜面で長さ50メートルにわたって自生する。

 4日に芽が出ているのを見つけた。その後1週間ほどで開き、平年に比べると開花は1カ月ほど早い。山田さんは「北側の斜面がつき出ていて北風が入り難く、西風が抜き抜けないといった地形もあって早いのでは」とみた。

 落ち葉をかき分け、地面から直接生えたような黄色い花は大きさ2~4センチ程度。山田さんは「肥料をやるわけではないけど、父の代から変わらず咲いてくれる。愛おしくも感じる」と笑顔で語った。春を告げる花として知られ、2月中旬まで楽しめそうだ。

 フクジュソウはキンポウゲ科の多年草。太陽の光を浴びて開き、夕方になると閉じる。多数ある花弁は黄金色で光沢があり、日が当たると輝く。旧正月に咲くことから「元日草」の別名を持つ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新しい種まき悪から守る

4月10日金曜日15:42

「天仁の杜」ハナモモ見頃

4月10日金曜日15:59

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞