高森町でフクジュソウ開花始まる

地域の話題

[ 2017年 1月 13日 金曜日 15時38分 ]

001fukujusou

 高森町下市田の山田博章さん(83)方の雪解けが進む裏庭の斜面で、フクジュソウが開き始めた。日ごとに開花が進み、青空が広がった12日は黄金色の花びらが穏やかな日差しを浴びて輝いていた。

 フクジュソウは日当たりの良い南向きの斜面で長さ50メートルにわたって自生する。

 4日に芽が出ているのを見つけた。その後1週間ほどで開き、平年に比べると開花は1カ月ほど早い。山田さんは「北側の斜面がつき出ていて北風が入り難く、西風が抜き抜けないといった地形もあって早いのでは」とみた。

 落ち葉をかき分け、地面から直接生えたような黄色い花は大きさ2~4センチ程度。山田さんは「肥料をやるわけではないけど、父の代から変わらず咲いてくれる。愛おしくも感じる」と笑顔で語った。春を告げる花として知られ、2月中旬まで楽しめそうだ。

 フクジュソウはキンポウゲ科の多年草。太陽の光を浴びて開き、夕方になると閉じる。多数ある花弁は黄金色で光沢があり、日が当たると輝く。旧正月に咲くことから「元日草」の別名を持つ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号