高森町内の3小中学校に市田柿提供

地域の話題

[ 2015年 12月 3日 木曜日 9時28分 ]

 高森町市田柿発祥の里活用推進協議会は1日、町内の小中学校3校の給食で特産の干し柿「市田柿」約1500個を提供した。12月1日の「市田柿の日」をPRしようと昨年度に続く取り組み。小学校2校には市田柿誕生を絵本風にまとめた冊子1100部(B4判)を配布した。

 南小の4年2組の教室には同推進協の新井徳二会長や町キャラクター「柿丸くん」らが訪問。「柿を食べて寒い冬を元気に乗り切って」などと呼び掛け、児童たちは1人1個ずつ味わった。

 子どもたちはお礼として、手製の紙芝居「市田柿ができるまで」を披露した。4年生は本年度、市田柿の歴史を学び、紙芝居作りにも挑戦した。朗読した男子児童(10)は「市田柿のことをたくさん知ることができた」と振り返った。

 同推進協と市田柿ブランド推進協議会は市田柿を地域全体で盛り上げていこうと「市田柿の日」を共同で定め、2013年に記念日登録されている。

 新井会長は「若い人の中には食べたことがない人もいる。こういった活動を続けることで市田柿の素晴らしさを認識してもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞