高森町出原の区有林で植樹祭

地域の話題

[ 2011年 4月 27日 水曜日 9時20分 ]

 高森町出原区の区有林で26日、恒例の植樹祭が開かれ、高森中学校1年生148人や住民ら計300人が参加した。

 開会式で、高森中1年の生徒二人が「未来の高森町へ」と題し作文を発表。「環境に対する意識が高まりいままで以上に緑豊かになることを願って植樹したい」、「未来の高森を良くするのも、悪くするのも私たち。少しでも良い方向になる一歩にしたい」と語った。

 昨年に実施した箇所の北側約1・34ヘクタールのアカマツ林で、ヒノキの苗木3350本を植えた。

 参加者は農具を使って土を掘り起こし、長さ2メートルほどの苗木を丁寧に定植。斜面のため足場が悪く作業が難航する場面もあったが、互いに協力し合うなどして作業に汗を流していた。

 一般の参加者も多く作業後、町からガマズミの苗木を記念樹として受け取った。また中学1年生はシイタケの駒打ちも体験した。

 県が定める緑化推進特別強化月間(4―5月)にあわせて実施した。熊谷元尋町長は「森林の持つありがた味を考える機会になってほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞