高森町有林で植樹祭開く

地域の話題

[ 2013年 5月 2日 木曜日 9時29分 ]

 高森町山吹の町有林で1日、恒例の植樹祭が開かれ、高森中学校1年生162人のほか住民ら計300人が参加した。

 山の寺キャンプ場西側のアカマツ林約1ヘクタールに、ヒノキの苗木2500本を植えた。

 植え方を教わった参加者は早速農具を使って2メートル間隔で土を掘り起こし、長さ50センチほどのヒノキの苗木を丁寧に定植。苗木の根元に土をかぶせて踏み固めた。斜面のため作業が難航する姿も見られたものの、中学生たちは協力し合うなどして汗を流していた。

 一般の参加者も多く、作業後は町から白い花を付けるクチナシの苗木を記念樹として受け取った。中学生はシイタケの駒打ちも体験した。

 開会式で、同中1年の生徒2人が「未来の高森町へ」と題し作文を発表。「豊かな自然と緑を守ってより良い高森町にしたい」と語った。

 県が定める緑化推進特別強化月間(4―5月)にあわせ、町は毎年実施している。熊谷元尋町長は「作業を通じて山の持つ恵みを再確認できれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞