高森町有林で植樹祭開く

地域の話題

[ 2013年 5月 2日 木曜日 9時29分 ]

 高森町山吹の町有林で1日、恒例の植樹祭が開かれ、高森中学校1年生162人のほか住民ら計300人が参加した。

 山の寺キャンプ場西側のアカマツ林約1ヘクタールに、ヒノキの苗木2500本を植えた。

 植え方を教わった参加者は早速農具を使って2メートル間隔で土を掘り起こし、長さ50センチほどのヒノキの苗木を丁寧に定植。苗木の根元に土をかぶせて踏み固めた。斜面のため作業が難航する姿も見られたものの、中学生たちは協力し合うなどして汗を流していた。

 一般の参加者も多く、作業後は町から白い花を付けるクチナシの苗木を記念樹として受け取った。中学生はシイタケの駒打ちも体験した。

 開会式で、同中1年の生徒2人が「未来の高森町へ」と題し作文を発表。「豊かな自然と緑を守ってより良い高森町にしたい」と語った。

 県が定める緑化推進特別強化月間(4―5月)にあわせ、町は毎年実施している。熊谷元尋町長は「作業を通じて山の持つ恵みを再確認できれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞