麻績の里体験学校でサツマイモの苗植え

地域の話題

[ 2010年 6月 8日 火曜日 8時52分 ]

 子どもたちに楽しく豊かな経験の場を提供しようと、飯田市座光寺公民館育成部が開く「麻績の里体験学校」で5日、大豆の種まきとサツマイモの苗植えが行われた。保育園児や小学生など7人が参加し、協力しながら土や苗に触れる「畑仕事」を楽しんだ。

 地域の豊かな自然や文化に触れたり、科学工作に挑戦したり、収穫した農作物を調理したりと、子どもたちにさまざまな体験の場を提供する同学校。この日は、学校初となる畑仕事に挑戦し、豆腐に加工しやすい大豆「ナカセンナリ」と早い時期に収穫できるサツマイモ「紅アズマ」を植えた。

 大豆は子ども1人が1畝ずつを担当。等間隔に穴を掘り、その中に大豆をまき、土をかぶせた。子どもたちは「大きく、おいしく育ってね」と願いを込めながら、真剣な表情で作業を進めていった。作業終了後には畝の前に自分の名前を書いたプレートを設置し、今後責任を持って管理していくことを誓った。

 この日植えたサツマイモは夏休み頃に、大豆は10月末ごろに収穫を迎える。サツマイモは家族で一緒に食べたり、保育園の給食にも使ってもらう予定。大豆は収穫後、豆腐など加工食品作りの体験に利用するという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞