鼎地区の新成人らが陶芸づくり

地域の話題

[ 2011年 12月 5日 月曜日 9時12分 ]

 飯田市鼎地区の新成人ら8人でつくる成人式実行委員会が3日、市鼎公民館で陶芸づくりを行った。来年1月の成人式までに160個の猪口(ちょこ)をつくり、参加者たちに配布する。「鼎らしい式にしたい」と口をそろえている。

 実行委は、地元で働く社会人や飯田女子短期大学に通う学生らで10月に結成。打ち合わせを重ねて運営準備を進めている。

 陶芸は参加者全員に配るために発案したもので「二十歳になり、お酒が飲めるようになるから」と、猪口づくりを計画。この日は伊賀良在住の陶芸家、加藤元秀さん(55)を講師に迎え、手回しろくろを使った作業を体験した。

 160個の作成をめどに、一人ひとりが20個を担当。ろくろを回しながら粘土を整形して飲み口をつくったり、デザインを施したり。なかにはうずまきや恐竜などとっぴな形をつくる委員も。一つひとつに「KANAE」の文字を入れた。

 参加した女性(20)は「小学生の図工教室みたいだ」と昔を懐かしんでいる様子。男性(20)は「思いついたままに形にしている。楽しい」と話した。

 加藤さんが焼き、年内にも完成する見通し。実行委は今後、式典などで上映する思い出の映像づくりに取り組み、母校の鼎小学校や鼎中学校で撮影を重ねるという。

 鼎地区の成人式は1月8日、鼎文化センターで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞