龍江保育園児とJAつぼみが五平餅づくり

地域の話題

[ 2015年 11月 21日 土曜日 8時31分 ]

 飯田市立龍江保育園(長谷川千佐子園長)は19日、JA女性部龍江支部の目的別グループ「つぼみ」(野口さつゑ代表)と恒例の五平餅づくりを同園で行った。年長園児約20人も手伝いながら炭火で焼き上げ、手作りの味を楽しんだ。

 地産地消や食育を目的に地元保育園や小学校の子どもたちと交流活動する同グループ。同園での五平餅づくりは5年以上続き、この日は10人ほどが参加して、持参した8升のうるち米で320本を作り上げた。

 年長園児もつぶしたご飯を型に入れ、竹串に刺す作業を手伝い、園庭で焼いた五平餅が香ばしそうな色になるとくるみなどのたれをつけて味わった。野口代表は「ただ食べるだけでなく、作る手順も経験することで食べる意欲につながると思う」と話した。

 同園はことし、ジャガイモやピーマン、ナス、トマト、ダイコンのほか、オクラや大豆、小豆、巨大カボチャの栽培にもチャレンジするなど食育体験を豊富に取り入れた。育てるリンゴには、絵や名前を書いたシールを貼って模様を付ける新たな試みも行い、長谷川園長は「体験することで、食の恵みやさまざまな人たちの世話があって物が食べられることを知ってもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞