1カ月ぶり歓声「かわいい」

地域の話題

[ 2020年 6月 2日 火曜日 15時37分 ]

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い4月25日から休園していた飯田市動物園(同市扇町)が2日、約1カ月ぶりに再開した。休園中は園内整備に取り組み、展示にも工夫を凝らした。初日から家族連れでにぎわい、元気に動き回る動物の様子を観察する子どもたちの声が響いた。

 午前9時に開園すると、多くの家族連れが足を運んだ。ペンギンの展示場では、飼育員が餌を与え、ペンギンたちが餌を取り合う様子に「かわいい」の声が上がった。

 娘(2)と訪れた母親(39)は「再開を待っていた。娘は動物が好きなので、今初めてムササビを見てきたがとても喜んでいた」と笑顔で話した。

 園によると、休園直前の客足は普段の3割ほどに減り、遊具の売り上げも10分の1程度まで落ち込んでいた。

 「再開後の来園者がより楽しく過ごせるように」と、休園中は園内整備に取り組んだ。のりものランド内には授乳室を設置し、市民からソファやベビーベットを募って配置した。

 動物たちの展示にも工夫を凝らした。飼育員特製の紹介ボードを作成し、サル山には餌の販売ボックスを設置。客自身がサルに餌を与えられるようになった。

 飼育員の大崎康平さん(29)は「たくさんの方が来園してくれればという期待と、感染しないかという不安がある。コロナは目に見えないが、飼育員一同予防に努めて営業していきたい」と話した。

 来園者にはマスクの着用、こまめな手洗いと消毒を呼び掛ける。ふれあいコーナーも土日の午前11時からの30分間に時間を短縮。10分10組ずつの交代制にし、密を避ける。

 休園中には「来園せずとも動物園を身近に感じてほしい」と、LINEスタンプを作成し、ユーチューブに動画を登録。今後も動物の様子などの動画を配信する予定だ。

◎写真説明:再開した動物園

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞