100万人のキャンドルナイトin南信州

地域の話題

[ 2012年 6月 5日 火曜日 16時42分 ]

 地球温暖化防止の取り組みとして、当地域では4年目となる「竹宵まつり 100万人のキャンドルナイトin南信州」が2日、飯田市のりんご並木のほか、下久堅の風の学舎、売木村の星の森オートキャンプ場、高森町の4会場で繰り広げられた。

 りんご並木では、市内の竹宵4グループが製作した約3000本の竹宵が並べられ、竹の中に置かれたロウソクが午後6時半、一斉に点火された。愛知県春日井市から市内に住む祖母の家に妻と子ども3人を連れて遊びにきたという男性は「3、4年前に参加して以来2回目。2歳の子がしゃべれるようになったので祖母に会わせたいと思って遊びに来た。家族の命も伝えていくことを感じながら点火した。親の気持ちも伝わっていけば。とてもいいイベントだと思う」と話した。

 午後8時から一斉にライトダウンすると、竹宵の明かりが闇夜にくっきりと浮かび上がった。三連蔵では竹宵コンテストの応募作品3点が幻想的な雰囲気を醸し出す中、今年初めて企画した「フォトコンテスト」の作品をカメラに収めようという人たちでにぎわった。参加者の投票で、最優秀の「環境モデル都市賞」は、三遠南信自動車道飯喬道路の天龍峡大橋の完成を願って製作した「川路竹宵の会」が2年連続受賞した。

 天候にも恵まれ、りんご並木には多くの人たちが繰り出した。昼間は「蜜ろうキャンドル」ワークショップや、6店舗が出店した「フードマイレージゼロ市」、夜はライブコンサートや今田人形座の公演なども行われ、今まで以上の盛り上がりをみせた。上郷黒田の男性は「だんだん人が増えてくる。雰囲気もすごくいい」と感想を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24