21年用年賀はがき搬入

地域の話題

[ 2020年 10月 8日 木曜日 15時01分 ]

 2021年用「年賀はがき」の搬入が8日、飯田市鈴加町の飯田郵便局(松島幸吉局長)で始まった。2種類の約159万枚が入ったダンボール計398箱が到着。局員らが飯田下伊那管内の54局分に仕分け、各局に届けた。一般販売は29日、投函受け付けは12月15日から。

 全6種のうち残りの4種も順次搬入される。年賀はがきの価格は基本の無地などが63円。

 種類は、インクジェット紙の無地やキャラクターデザイン、絵入りの寄付金付きなどがあり、近年はインクジェット紙の無地が主流になっているという。

 21年用のキャラクターデザインには5年ぶりにクマのプーさんが登場。お年玉賞品の切手シートを従来の「のり式」から使いやすいシール式に変更する。

 日本郵便によると、全国の21年用の販売予定数は約19億4000万枚で、20年用の約23億5000万枚から17%減。同局の平田毅之(たけし)総務部長(53)はSNSの普及による若者の年賀はがき離れを一因として上げ「新型コロナの影響で移動に制限がかけられている今だからこそ、はがきの良さを見直してほしい」と話している。 

◎写真説明:年賀はがきを搬入する局員ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ドーム菊で天龍峡を彩る

10月31日土曜日14:16

動きやセリフをプログラム

10月31日土曜日14:29

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞