3市の中学生が三遠南信交流会

地域の話題

[ 2011年 8月 11日 木曜日 9時10分 ]

 飯田市と豊橋市、浜松市の中学生による「三遠南信中学生交流会」が9、10の両日、飯田市で行われた。市街地でのウオークラリーや意見交換、水引体験などを3市混合グループで行い、親ぼくを深めた。

 中学生が交流を深めることで3市の掛け橋になり、「まちづくり」や「生徒会活動」などを語り合うことを通じて、自分たちの住む地域や学校を振り返ることを目的に開催。3市での交流は1999年に始まり、毎年各市輪番で実施している。

 飯田での開催は5回目。今回は、飯田市の中学校から34人、豊橋市から46人、浜松市から57人の計137人が参加した。

 飯田市公民館で開かれた対面式では、伊澤宏爾教育長が「飯田は初めての人が多いと思うが、三遠南信地域の交流には古い歴史がある。3市のつながりについて、何かを探してもらえれば」と呼び掛けた。

 また各市の代表生徒があいさつに立ち「互いに感じることが多いと思う。有意義な時間を過ごしましょう」「3市の交流に貢献できるようにしたい」「他校を知って自分の学校を見つめ直し、それぞれの学校をよりよい方向に引っぱっていきましょう」などと語った。

 対面式に続いて「まちなかウォークラリー」が開かれた。12グループに分かれ、りんご並木や川本喜八郎人形美術館、市立動物園、市美術博物館の4カ所を回った。

 それぞれのポイントではクイズを解いたり、昆虫探しをしたり。美博ではプラネタリウム鑑賞も行い、飯田市を楽しみながらメンバー間の親ぼくを深めた。

 豊橋市立五並中2年の男子生徒(14)は「飯田は初めて。いろいろ回って勉強して、グループのメンバーと仲良くなりたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞