30匹が元気よく

地域の話題

[ 2021年 5月 8日 土曜日 13時01分 ]

 飯田市鼎西鼎地区を流れる松川に、30匹のこいのぼりが飾り付けられている。元気よく泳ぎ、人々の目を楽しませている。

 30年近く続く同地区の恒例行事。毎年5月5日には鯉のぼり祭りを開き、子どもの健やかな成長を願っている。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で祭りとこいのぼりの飾り付けを中止に。「今年こそは風物詩を」と住民からの要望があり、2年ぶりにこいを泳がせた。

 地域住民から不要となった物を回収して再利用。4月25日に公民館役員らが取り付けた。

 同区の加藤康治区長(66)は「多くの子どもたちに見てもらえて良かった。来年は祭りも一緒に開催できれば」と話していた。

 こいのぼりを楽しめるのは9日まで。以降は、地域の幼稚園児や小学生が描いた鯉の絵を、飯田橋郵便局内展示スペースに飾る。

◎写真説明:松川河川に泳ぐこいのぼり

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞