35年ぶりに「順の舞」踊る 天龍村池大神社例祭

地域の話題

[ 2017年 1月 7日 土曜日 14時48分 ]

池大神社例祭のおのぼり行列

 天龍村大河内の池大神社例祭は、5日午後から6日未明にかけて行われた。神原地区の3区に伝わる国重要民俗文化財「霜月神楽」のフィナーレ。大河内出身で豊橋市在住の男性が、35年ぶりに舞を踊った。

 5日午後1時過ぎ、大河内集会所から神社に向けて「おのぼり」の行列がスタート。「塩祓い」、ちょうちん、みこし、屋台太鼓、花など、子どもから70代まで約30人の行列が300メートルほどの参道を練り歩いた。

 拝殿内での神事に続いて下宮の舞殿に移動。10人余の宮人が湯釜を囲んでうたぐらを唄い、扇や鈴を手にした舞い手が10余種類の舞を夜を徹して舞継いだ。

 今回、大河内生まれで愛知県豊橋市に住む、遠山国本さん(80)は、昨年末の習い舞に5夜連続で参加。そして35年ぶりに、本番で「順の舞」を舞い上げた。遠山さんは「以前に比べ過疎化で戸数も半減してさみしくはなったが、祭りは続けられている」と感慨深げに話した。

 見学者の中には毎年のように訪れ「あと2回来ると50回になる」という下伊那郡内の中年男性の姿もあり、熱心に見守っていた。また、十数年前から交流している伊那市の歌舞劇団「田楽座」座員8人の出演もあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞