4町村で正月成人式~希望胸に一歩踏み出す~

地域の話題

[ 2013年 1月 5日 土曜日 13時00分 ]

 1日から3日にかけ、高森、豊丘、泰阜、根羽の4町村で正月の帰省を利用した成人式が開かれた。振り袖やスーツに身を包み、久しぶりに会う旧友と節目を祝った。

 高森町の成人式は3日、町福祉センターで開かれ、晴れ着に身を包んだ新成人約100人の門出を祝った。

 あいさつに立った熊谷元尋町長は「どの時代も、若い人の柔軟な知性とたくましい体力が時代を築いてきた」などと背中を押し、中平孝文議長、下平清志選挙管理委員長のほか高森中学時代の恩師が激励した。

 新成人の代表者は「故郷への誇りを心に刻み、見本となれるような成人になる」などと決意を語った。

 式典が終わると、ようやく表情を緩め笑顔を見せる若者たち。会場では旧友との再会を喜ぶ輪ができ、思い出話に花を咲かせていた。

 式典後、町職員が町の旬な話題を紹介。校舎の老朽化に伴う建て替え工事が進められていた高森中学校の新校舎が完成し、新校舎の見学もした。多感な青春時代を過ごした当時を懐かしそうに振り返る姿も見られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio