500発の花火が彩る

地域の話題

[ 2020年 9月 1日 火曜日 15時14分 ]

 泰阜村で8月28日、若手有志らでつくる実行委員会主催の花火大会が開かれた。村総合グラウンドで打上げが行われ、音楽に合わせてスターマインなど約500発の花火が夜空を彩った他、仕掛け花火の大きな「火車」が豪快に回り、間近で鑑賞する村民らの笑顔を誘った。

 新型コロナウイルスの影響で、夏祭りやふれあいの里高原ロードレース大会など、例年であれば盛大に村内の夏を彩るイベントが相次いで中止となる中、「村民に少しでも夏の楽しい思い出をつくってほしい。花火でコロナウイルスを吹き飛ばしたい」と、青年団を中心とする若手有志が企画し、打ち上げ費用は村が負担した。

 感染防止対策の徹底を図り実施した。観覧席を設けたグラウンドでは、3密を避けるため一人一人の間隔を十分に確保した他、放送で繰り返し注意喚起。来場者の手指消毒なども行った。

 木下陽実行委員長の「目の前に打ち上がる花火を、最後まで楽しんで」のあいさつに続き、打ち上げがスタート。迫力満点のごう音とともに鮮やかな大輪の花が咲いた。クライマックスの仕掛け花火では、3基の巨大な火車が勢い良く回り、光の輪を創出。瞬きする間もないほど次々と打ち上がるスターマインとともに見る者を魅了した。

◎写真説明:村総合グラウンドで行われた花火大会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞