500発の花火が彩る

地域の話題

[ 2020年 9月 1日 火曜日 15時14分 ]

 泰阜村で8月28日、若手有志らでつくる実行委員会主催の花火大会が開かれた。村総合グラウンドで打上げが行われ、音楽に合わせてスターマインなど約500発の花火が夜空を彩った他、仕掛け花火の大きな「火車」が豪快に回り、間近で鑑賞する村民らの笑顔を誘った。

 新型コロナウイルスの影響で、夏祭りやふれあいの里高原ロードレース大会など、例年であれば盛大に村内の夏を彩るイベントが相次いで中止となる中、「村民に少しでも夏の楽しい思い出をつくってほしい。花火でコロナウイルスを吹き飛ばしたい」と、青年団を中心とする若手有志が企画し、打ち上げ費用は村が負担した。

 感染防止対策の徹底を図り実施した。観覧席を設けたグラウンドでは、3密を避けるため一人一人の間隔を十分に確保した他、放送で繰り返し注意喚起。来場者の手指消毒なども行った。

 木下陽実行委員長の「目の前に打ち上がる花火を、最後まで楽しんで」のあいさつに続き、打ち上げがスタート。迫力満点のごう音とともに鮮やかな大輪の花が咲いた。クライマックスの仕掛け花火では、3基の巨大な火車が勢い良く回り、光の輪を創出。瞬きする間もないほど次々と打ち上がるスターマインとともに見る者を魅了した。

◎写真説明:村総合グラウンドで行われた花火大会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞