7段飾りとつるしびな、昼神温泉に春の雰囲気先駆け

地域の話題

[ 2011年 1月 24日 月曜日 15時17分 ]

昼神で雛人形飾り 昼神温泉郷の旅館や施設内で「中馬ぬくもり街道おひな巡り」(2月1日から4月10日)に先駆けて、ひな人形飾りがお目見えした。厳寒の続く中で、一足早い春の雰囲気を感じさせている。

 

 日帰り温泉施設「ゆったりーな昼神」では、先年「利用客から寄贈があった」という豪華7段フルセットのひな飾りを設置。そのほかウインドー内などには、手作りのつるしびなも数多くつるされている。

 

 「鶴巻荘」でも売店ロビーに7段飾りをセット。併せて従業員や温泉利用客らが手作りしたつるしびな300点余りが、天井からつり下げられ、華やかさを添えている。

 

 ここ数日中には、そのほかの旅館、ホテルで相次いで飾りつけが予定されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号