A・コープで1日こども店長

地域の話題

[ 2017年 11月 28日 火曜日 15時53分 ]

001JA

 子どもたちにスーパーマーケットや地元の食材・農産物に親しみを持ってもらおうという長野県A・コープによる企画「1日こども店長」が24日に喬木村のA・コープたかぎ店で開かれ、地元の小学生2人が務めた。

 子どもたちの食育とAコープへの親近感創出を願い、ことしから県内の各店舗で開いている。同店では初めてで、喬木第一小学校6年生の山上佳也君と宮島洸哉君が務めた。

 2人は開店前の準備から参加し、朝礼で自己紹介し、開店時には客を出迎えた。

 各売り場ではバックヤードの見学や作業体験をさせてもらい、レジ操作や店内アナウンス、試食販売、商品陳列など多彩な作業に取り組んだ。

 山上君は「普段できないことを体験できて良かった。魚を専用の機械でラップするところが楽しかった」。

 宮島君は「刺身の試食で、どちらもおいしかったけれど、天然と養殖で色や味、食感が違うことが分かって驚いた」と話した。

 営業部の小出康成課長は「子どもや親御さんに、地元のスーパーとして親しみを持っていただけるとうれしいです」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号