HACCPと食品衛生 「南信州うまいものサミット」

地域の話題

[ 2018年 2月 26日 月曜日 15時15分 ]

 飯田下伊那の農産加工所でつくる「南信州特産加工開発連絡会」(折山功会長、26団体)=事務局・県南信州農業改良普及センター=は22日、「2018南信州うまいものサミット」を飯田市追手町の飯田合同庁舎で開いた。

 研修会には約50人が参加。食品の衛生管理手法の国際標準である「HACCP(ハサップ)」の基礎と食品衛生について学んだ。研修会に先立ち、3団体(泰阜村柚餅子生産組合、ぱてぃすり草かんむり、味の里まつかわ)による「うまいもの即売会」が開かれた。

 HACCPの制度化について、厚生労働省は、今年の通常国会への食品衛生法改正法案提出を目指し、制度の詳細について検討を進めている。制度化に当たっては、小規模事業者や一定の業種(飲食業や販売業など)については、一般衛生管理を基本としつつ、必要に応じてHACCPの考え方に基づき重要管理点を設けて管理するなど、弾力的な取扱いを想定している。

 講師の県商工会連合会南信支所南信広域経営支援センターの西川登上席専門経営支援員は「施行後猶予期間が3年設けられると仮定すると、2022年時点で全ての食品等事業者が新たなHACCPの制度に対応している必要がある」としたが、「どんなふうに進んだらいいのか、まだはっきりしていない」とも述べた。

 食品衛生については、飯田保健福祉事務所食品・生活衛生課の北條博夫課長補佐が、ノロウイルスなどによる食中毒防止、不良食品対策、新食品表示法への対応の3点について注意点を説明した。

 このうち、表示については、20年3月末までは旧基準による表示が認められるが、経過措置期間が過ぎると新基準による表示に完全移行する。主な変更点は、原材料名の表示方法やアレルギー物質の表示方法など。

 北條さんは「不良食品を製造、販売すれば回収しなければならない。保健所に相談していただければ、対策をアドバイスする。表示についても個別に相談してほしい」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52