JAがウェブで市田柿ラボを開設

地域の話題

[ 2017年 11月 30日 木曜日 15時19分 ]

002JA

 市田柿の日の12月1日に合わせ、JAみなみ信州は新たな切り口や視点で市田柿をPRする「市田柿ラボ」を公式ホームページ内に開設する。女性を主要ターゲットに、効果があるとされる美容や健康面などの魅力を全国に発信。インターネットを通じ、関連ニュースの配信を始める。

 美容や健康に良いとされる栄養成分を豊富に含んでいることを女性向けの美点として着目。効果的な食べ方の提案などを通じ、市田柿の魅力をアピールする。

 順次新しい情報を発信する計画で、初回は「美容」がテーマ。市田柿の栄養成分を解説し、冬の乾燥肌や肌荒れ、アンチエイジングなどへの効果を記載した記事を配信する。

 2回は「健康パワー」をテーマに来年1月5日、3回は「集中力・免疫力アップ」を同下旬に配信する計画だ。

 同JAはクロワッサンやCanCam、美的の女性誌の雑誌3誌で市田柿の特集記事を掲載する予定。連動イベントも行い、SNS(ソーシャルネットワーク)を活用した情報発信なども通じ、課題となっている女性や若年層への周知を図り、ブランド価値の向上を図りたい考えだ。

 営農部営農企画課の古瀬聖史課長は「魅力を周知し、消費拡大につなげることが狙い。また、消費者のニーズを生産者に還元することで、さらなる生産振興や新規就農者の獲得につなげていけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞