JAがウェブで市田柿ラボを開設

地域の話題

[ 2017年 11月 30日 木曜日 15時19分 ]

002JA

 市田柿の日の12月1日に合わせ、JAみなみ信州は新たな切り口や視点で市田柿をPRする「市田柿ラボ」を公式ホームページ内に開設する。女性を主要ターゲットに、効果があるとされる美容や健康面などの魅力を全国に発信。インターネットを通じ、関連ニュースの配信を始める。

 美容や健康に良いとされる栄養成分を豊富に含んでいることを女性向けの美点として着目。効果的な食べ方の提案などを通じ、市田柿の魅力をアピールする。

 順次新しい情報を発信する計画で、初回は「美容」がテーマ。市田柿の栄養成分を解説し、冬の乾燥肌や肌荒れ、アンチエイジングなどへの効果を記載した記事を配信する。

 2回は「健康パワー」をテーマに来年1月5日、3回は「集中力・免疫力アップ」を同下旬に配信する計画だ。

 同JAはクロワッサンやCanCam、美的の女性誌の雑誌3誌で市田柿の特集記事を掲載する予定。連動イベントも行い、SNS(ソーシャルネットワーク)を活用した情報発信なども通じ、課題となっている女性や若年層への周知を図り、ブランド価値の向上を図りたい考えだ。

 営農部営農企画課の古瀬聖史課長は「魅力を周知し、消費拡大につなげることが狙い。また、消費者のニーズを生産者に還元することで、さらなる生産振興や新規就農者の獲得につなげていけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ベトナム男性、飯伊初

6月4日木曜日15:20

元善光寺も1年延期

6月4日木曜日15:49

土産品など購入し応援

6月3日水曜日15:23

「思い出に残る花壇を」

6月3日水曜日15:37

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞