JAがTPP反対集会開く

地域の話題

[ 2011年 10月 24日 月曜日 9時25分 ]

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加をめぐって政府が方向性の検討に入ったことをめぐり、JAみなみ信州(矢澤輝海組合長)は21日、飯田市鼎の営農部大会議室で緊急集会を開いた。生産者ら約300人が出席し、参加の断固阻止を掲げる決議を採択。地域住民への周知に向けて一致団結を誓うとともに、出席した地元選出の国、県会議員に、積極的な働きかけを要請した。

 「団結」の文字を記した鉢巻を結び、関係者らが断固阻止に向けた声明を重ねた。

 矢澤組合長は「野田佳彦首相は大規模法人をつくると言っているが、中山間地に20―30ヘクタール規模の法人はできない。小さな農家が国を守っている。そのことを忘れてはならない。農業を大事にするなら、小規模農家を守る方向をきちんと示して対応してもらわねばならない。TPPに対して断固反対していく」と決意を表明。原発事故をめぐる風評被害が畜産農家を中心に南信州にも及んでいる実態を懸念し、議員らに「しっかり地域の声を上につなぎ、保障に関する働きかけをしてほしい」と求めた。

 全農中央会の大西茂志常務理事、長野県農協中央会の浦野邦衛地域農政部次長らがTPP、原発事故をめぐる情勢を報告。TPPについては「農業のみならず多彩な業種にマイナスの影響が出る」と警鐘を鳴らし、「地方から反対の声を上げてほしい」と要求。「当面の山場は11月のAPEC。それまでに反対の意向を伝えることが重要だが、結果がどうなるにせよ、TPPをめぐる問題はその後も続く。継続して国民に課題を訴えていかなければならない」と述べた。

 加藤学衆院議員、吉田博美参院議員ら7人の国、県議員が要請書を受け取り、反対の意思を表明した。

 決議では「TPPは除外・例外品目を認めない完全な関税撤廃を目指すものであり、これまでわが国が締結してきたEPA(経済連携協定)とは全く異なる。交渉を推し進めることは農林水産業の崩壊を招き、自給率の向上が不可能となる」と指摘。「我々はTPP交渉参加に反対であり、絶対に認めることはできない」とし、「頑張ろう」の声をそろえて拳を突き上げ、決意を示した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞