JA山本グループが親子ケーキ作り

地域の話題

[ 2016年 12月 6日 火曜日 15時47分 ]

真剣な表情でクリームの搾り方を学ぶ親子

 親子向けの体験教室を主催するJAみなみ信州山本支所のグループ「フレッシュミズやまもと」は3日、飯田市山本のJA山本支所で、新企画の親子ケーキ作り教室を開いた。母親11人、子ども21人の計32人が参加。クリスマスに向け、本格的なケーキの作り方を学んだ。

 講師を務めた地元の菓子店「はと錦」のパティシエ、田中恵理さん(24)は、スポンジやフルーツの切り方、生クリームの搾り方などを教えた。

 生クリームの搾り袋には用途に合わせた口金があり、子どもたちは田中さんが搾るさまざまな形のクリームを真剣な表情で見つめていた。

 親子はスポンジを半分に切ってシロップやクリームを塗ると、カットしたイチゴやオレンジ、桃、キウイフルーツを中に入れ、クッキーやフルーツで飾りつけて完成させた。

 同グループ代表の熊崎道代さん(39)は「家でケーキを作ろうと思っても、なかなかできない。子どもたちもプロの技を間近に見ながら学べてとても良かった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞