JA山本グループが親子ケーキ作り

地域の話題

[ 2016年 12月 6日 火曜日 15時47分 ]

真剣な表情でクリームの搾り方を学ぶ親子

 親子向けの体験教室を主催するJAみなみ信州山本支所のグループ「フレッシュミズやまもと」は3日、飯田市山本のJA山本支所で、新企画の親子ケーキ作り教室を開いた。母親11人、子ども21人の計32人が参加。クリスマスに向け、本格的なケーキの作り方を学んだ。

 講師を務めた地元の菓子店「はと錦」のパティシエ、田中恵理さん(24)は、スポンジやフルーツの切り方、生クリームの搾り方などを教えた。

 生クリームの搾り袋には用途に合わせた口金があり、子どもたちは田中さんが搾るさまざまな形のクリームを真剣な表情で見つめていた。

 親子はスポンジを半分に切ってシロップやクリームを塗ると、カットしたイチゴやオレンジ、桃、キウイフルーツを中に入れ、クッキーやフルーツで飾りつけて完成させた。

 同グループ代表の熊崎道代さん(39)は「家でケーキを作ろうと思っても、なかなかできない。子どもたちもプロの技を間近に見ながら学べてとても良かった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞