JA豊丘支所で太陽光発電

地域の話題

[ 2013年 3月 6日 水曜日 9時47分 ]

 JAみなみ信州豊丘支所(遠山邦一支所長)は、施設屋根に太陽光パネルを設置し、発電を開始した。県内JAでは初めて、全量を売電する。「自然環境と共生する地域のシンボル的存在にしたい」としている。

 昨春、支所機能強化の一環で神稲から現地に移転し、総務、金融、共済の窓口を設置。「自然環境とともにある支所として、環境に優しい太陽光発電システムを取り入れ、次世代を見据えた取り組みにしたい」と、昨年から太陽光発電の導入に向けて準備を重ね、11月から試験をしていた。

 太陽電池モジュール220枚を設置した。システム容量は45・98キロワットで、年間に55361キロワットアワーの発電を想定している。全量売電により、8年半で投資を回収できると見込んでいる。

 窓口に組合員が閲覧できるモニターを設置し、日や月単位の発電量、発電による応分の二酸化炭素排出抑止量などを紹介している。

 5日に引渡し式を開き、正式に稼動した。

 遠山支所長は「環境保護や自然エネルギーの重要性が高まるなか、先進的に取り入れたことで、組合員や住民のみなさんの意識高揚につながってほしいと願っている。JAでは初導入となったが、取り組みが広がっていけば」と話していた。

 同JAによると、太陽光パネルを設置して全量売電する事例は、県内のJA支所では初。現在改築中で4月オープン予定の喬木村支所にも設置し、全量を売電する計画だという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14